スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きていてくれたから、私がいる

私、数年前に新聞の記事になったことがあるんす。

久しぶりに、その時の記事を読み返してたら、
私って超イイこと語ってるじゃん!(インタビューで)って思ったので
ちょっと紹介してみるwwwwww


引かないで耐えれる人のみドゾ↓

私が記事になったのは、「戦争」のことなんだけど。マニアックすぎる。
うちの祖父が戦争に参加してて、戦友会を立ち上げて戦友達とずっと活動しててね。
祖父の想いが、戦争の事実を後世に伝えること…だったのね。

祖父が発行してた会誌の中に
「軍隊で戦争に参加した人は全人口の数%。今後どんどん減る。
 後世の人は戦争をどう感じるだろうか?」っていう祖父の文面を発見したのね。

たまたま、祖父が国立国会図書館に戦友会誌を寄贈してたのもあって…
そういう情報を集めて、祖父の戦友を探して、当時の話を聞いて回って、
祖父が伝えたかった戦争のことを私達世代の若者に知ってもらえるように
私なりに感じたことを綴って…っていうので、締められて終わる内容だったんだけど。

『戦争は私の日常から全くかけ離れていた。
 どう始まったか知らず、戦った人達にも考えは及ばなかった。
 それが祖父の遺品に触れ、戦争の経験を生で聞いて変わった。
 年配の世代が苦しい時代をどう生きたか、教訓のようなものも得られそうな気がする。
 平和は犠牲になった人や生き残った人の歴史の上に存在している。

 ―――祖父が生きていてくれたから、私がいる――――

 あの戦争を知り、生きている幸せを考える。
 そこから私達の世代と戦争との付き合いが始まると思う』


↑これが当時、私が伝えたかった内容だったそうです。←めちゃ他人事w

ちなみに、私のことは、
『仕事で、プロジェクトの準備を任され、夢中。
 家でペットのフェレットと過ごす時が一番安らぐ。
 そんな日常を送っている25歳』
と紹介されてました(笑)
この辺り、今と全く変わってないwwwwww

その後も、暫くは祖父の意志を引き継いで、自分なりに
色々と祖父が参加した戦争のこと、軍隊の活動などを地道に調べたりはしていました。
ただ、残念なことに、祖父の年代というと、もうほとんどの方がお亡くなりになられてて…
これ以上の情報収集は無理だと悟ったので、早くに中断したんですけどね。

祖父の遺品(軍隊時代のアルバム、勲章とか)を、
そういう関係の場所に寄贈して後世に残していきたいとも思ったんだけど。
私は私で、祖父の思い出を手元に残しておきたい葛藤もあって。
まだ、実際に行動に移せてはいないんだけど。

私も、正直「戦争」と言っても、何も分かりません。
元々、興味があったわけでもありません。

ただ、祖父の遺品をみつけて、祖父が当時(軍隊で戦っていた最中)に書き綴った
日記を全部読んで、すごく胸を打たれたんですよね。
本当に、なんていうか…
自分のよく知っている身内の日記だからこそ、そのすべての感情がリアルに感じられて。
当時の祖父が何を想い、何を感じ、戦争に参加していたのか。
「生」と「死」の狭間で、どんな気持ちで毎日を過ごしていたのか。

祖父は祖母との結婚後すぐに召集がかかって戦地に赴いています。
一度満期を終えて除隊したものの、再召集で再び戦地へと駆り出されました。
もう二度と会えないかもと覚悟を決めて、愛する妻を残し戦地へ赴いた祖父の想い。

お国の為と教育され、それが正義であり、栄光であると信じていた時代。
でも実際は違うんですよね。
表向きはお国の為と唱えていても、内心は別の感情が渦まいている。
生きて、愛する人の元へ戻りたい……

身内だからこそ、祖父と祖母の実話だからこそ…私の胸に響きました。
その裏で、それと同じくらいの恐怖も生まれました。
もしあの戦争で祖父が散っていたら、今の私はここにはいないということ。

私がここに存在していること。
それって、当たり前なんじゃなくて、本当はすごいことなんですよね。


実際の私は、「生きる」ということに冷めた部分があって、意欲的な人間ではないんだけど。
ただ、祖父の想いを引き継いで、戦争を後世に伝える、自分が今ここに存在する素晴らしさを
多くの人に伝えなくては!…と、活動していたけなんだけど。

私も普段、生きる意味だとか、自分が存在している素晴らしさを実感して生きてるわけでもないけど、
ただ、ちょっとした時に…
思い出して欲しいんです。

今、ここに生きてるいるということ。
息をしているということ。
それは当たり前なんかじゃないんだってこと。
多くの犠牲の上に存在しているんだったこと。

それを考えることで、少しは前向きに生きていけるような気がします。


と、久しぶりに語ってみたけど。引かないで~~~~~~~~

スポンサーサイト
プロフィール

さっちん丸

Author:さっちん丸
2ワン3フェレットと一人暮らし中。

*さっちん丸*
わが道を全力暴走中。20代OL様。

*長男:カムカム(フェレット)*
02年5月(推定)生まれ
小さくて強くて、とても優しい子。
私の愛するカムカムは長い闘病生活の末、
08年11月21日、天国へ旅立ちました。
享年:6歳6ヶ月16日(推定)

*長女:ぽろん(フェレット)*
03年1月生まれ
要領のいいお嬢様
何かとズル賢い。

*次男:コナン(フェレット)*
03年11月生まれ
我が家の迷探偵&ムードメーカー

*三男:蘭丸(柴犬)*
05年7月生まれ
ビビリヘタレ王
生まれつきの病気と闘う柴犬の王子様
趣味はドッグカフェ巡りというインドア派w

*四男:煌(チワワ)*
06年7月生まれ
腹黒魔王様
超フレンドリー&犬大好きっこ

そして、うちの5匹は飼い主に似て
全員マイペースです。怖いくらいフリーダムw

詳しくは本館サイトをドゾ♪

↓ポチっとよろしくデス

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

フリーエリア
*ネ申曲*
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。